リーマンショック後に4兆元(約64兆円)もの巨大景気刺激策を発動して以降、中国は空前の金融緩和を敢行した。今やマネーサプライ(通貨供給量、M2)は名目GDPの1.9倍もあり、資金はジャブジャブ状態のはずだ。