日本航空(JAL)は来春にもパイロットの養成を約4年ぶりに再開する。経営破綻後、志半ばで地上職などに異動した113人が再び空に挑む。必要な技能や適性をデータベースで「見える化」し、養成過程の外部委託にも踏み切る。