日本航空(JAL)は来春にもパイロットの養成を約4年ぶりに再開する。経営破綻後、志半ばで地上職などに異動した113人が再び空に挑む。必要な技能や適性をデータベースで「見える化」し、養成過程の外部委託にも踏み切る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1992文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2013年7月22日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。