日本自動車部品工業会などが設立した投資ファンドの初案件が決定した。中小部品メーカーの厳しい資金調達環境を、少しでも改善しようという狙いだ。裾野産業のグローバル投資を後押ししなければ、自動車業界のさらなる飛躍はない。