日本自動車部品工業会などが設立した投資ファンドの初案件が決定した。中小部品メーカーの厳しい資金調達環境を、少しでも改善しようという狙いだ。裾野産業のグローバル投資を後押ししなければ、自動車業界のさらなる飛躍はない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2564文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2013年7月22日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。