株価上昇の資産効果などで盛り上がりを見せる高額消費。紳士服と婦人服の販売動向が消費意欲の強さを物語る。来春までは回復傾向が続く可能性が高いだろう。