「参入障壁ゼロ」の事業で25期連続で増収を達成、2ケタの営業利益率を維持する。日本では駐車場は供給不足で、今後もまだ成長余地は大きいと話す。カーシェアなどサービス多様化で「交通インフラ企業」に挑む。