「経営学の父」ピーター・ドラッカーはマーケティングに関する著作を残していないが、著書や論文などでは頻繁に論述していた。教え子の著者がそれらを調べ上げ、マーケティングに対するドラッカーの見解をまとめた。