世界各地での日本食レストランの増加は、日本企業にとってもチャンスだ。簡単に日本食を提供できるノウハウが、とりわけ脚光を浴びている。厨房機器、食材、物流、教育など様々な分野で、企業は攻勢に出ている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5132文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年7月15日号 34~37ページより

この記事はシリーズ「特集 爆発する日本食経済圏」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。