米国が主導するTPP交渉は、決して自由貿易体制を目指すものなどではない。交渉参加国は、条件の対称性と、交渉の透明性に留意しなければならない。貿易に直接関係しない社会制度や文化的価値を交渉に絡めないことも大切だ。