規制改革の柱の1つだった混合診療の全面解禁が先送りになった。国民皆保険、医療の質が保てなくなるという日本医師会の主張に配慮した格好だ。しかし、持続可能な医療制度を作り上げるという問題の解決は、ますます遠のく。