与党優勢で「ねじれ国会」の解消が確実視される参院選。バラバラの野党が政権批判の受け皿になっていないのが“無風”の要因だ。再結集か、与党の補完勢力になるのか。焦点は野党の行く末に移ってきた。