全日本空輸(ANA)が企業年金改革に踏み切る。「確定拠出」型に全面移行し、財務体質の改善を目指す。3期連続の営業最高益を見込む中、改革に反発の声も上がる。