6月下旬に新興市場を襲ったバイオ株の急落。期待先行の個人投資家を横目に、機関投資家の触手が伸びる。乱高下する動きが産業育成のネックとなりかねない。