処遇は正社員と同等ながら、労働時間を短縮できる「短時間正社員」──。フルタイムで働けない人材を活用する制度として注目を集めている。導入している先行企業の事例から、制度の課題や真の生かし方を探った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5420文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題