北京大学の歴史学系の講義で、幕末維新期のエートスについて時々話をしている。2000年頃であったか、幕末の思想家・横井小楠の著書『国是三論』(花立三郎注釈)の中国語版が発刊され、北京大でも話題となった。