「泡」が持つエコで高機能な特性を生かした用途開拓が進む。軽量なうえ、汚れなどを吸着しやすく、熱が伝わりにくい。消火や洗浄作業の現場で実用化された。その最先端に迫る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3102文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題