アベノミクスを成功させ、日本経済が本格回復に向かうカギは人材にある。各国が有能な外国人を奪い合う時代に、「純血主義」は通用するのか。「世界の頭脳」を招くうえで問われるのは、官民双方の意識改革と決意だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4221文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年7月8日号 38~41ページより

この記事はシリーズ「特集 人材逃避」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。