外国人が集まる国はどこか。経済協力開発機構(OECD)が、加盟国及びロシアについてまとめたデータ(2011年)によると、米国を筆頭に、ドイツ、豪州、カナダ、英国が続いた。上位5カ国のうち4カ国が英語圏の国だった。