日本だけではない。世界経済を牽引する米国でも人材流出への懸念が強まっている。4月11日、米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)らが政治団体「FWD.us」を発足させた。