外国人・自国民ともに日本を離れる人材流出が静かに進み始めた。一方、米シリコンバレーでは、硬直的な移民行政が人手不足を招いている。時代遅れの慣習や制度は、経済成長を担うべき人材を流出させかねない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4632文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 人材逃避」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。