2013年6月、日本の富士山が世界文化遺産に登録された。一方、鎌倉はユネスコの諮問機関によって世界遺産の「不登録」勧告を受けた。都市化による史跡の減少や住民の反対にどう向き合うのか。鎌倉市長が語る。