経済記者だった私がなぜ日銀副総裁をお引き受けすることになったのか。それをたどると少年時代の満州体験に行き着きます。