日本の技術者が海外企業に転職、技術ノウハウが流出する問題が深刻になっている。最大の受け入れ先企業となっているのは韓国サムスングループ。同グループの躍進を支えるのは、日本人技術者が培ってきた高度な技術だ。