石化事業のリストラと相次ぐM&Aで会社の形を変えた。持続可能性をも数値化し、日本発の経営指標作りに挑む。戦時下のイスラエルで“覚醒”した異端児が「定量化の経営」を語る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り7586文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題