このままでは、英国が「タックスヘイブン(租税回避地)」と認定される――。そんな懸念が広がっている。英国が日本の「タックスヘイブン対策税制」の適用対象国になりかねないからだ。