「勝ち組サラリーマン」の象徴だった年収1000万円世帯。社会的地位と連動した所得水準は、彼らを高品質な商品の購入へと駆り立ててきた。だが、その構造は崩れた。彼らが安心して消費できない中、果たして国は成長できるのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2307文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 年収1000万円世帯の憂鬱」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。