「(年収1000万円層の)夫が知らなくて、意外にかかっている」(ファイナンシャルプランナーの花輪陽子氏)のが、2つ目に挙げた妻の被服・美容費だ。美容院やネイル、エステなどは、どれも1回1万円程度かかる。洋服やバッグなどの被服費を合わせれば、月に数万円かかっているケースも多い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り637文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 年収1000万円世帯の憂鬱」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。