年収1000万円といっても、様々な出費でそれほど生活に余裕があるわけではない。消費増税など負担増への備えや収入の減少への不安で、生活防衛にひた走る。「もうカネは使えない」という傾向は強まりこそすれ、やむことはない。