年収1000万円といっても、様々な出費でそれほど生活に余裕があるわけではない。消費増税など負担増への備えや収入の減少への不安で、生活防衛にひた走る。「もうカネは使えない」という傾向は強まりこそすれ、やむことはない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6067文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 年収1000万円世帯の憂鬱」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。