内陸は沿岸部より人件費が安く、低コストでモノ作りができる、という「常識」があった。工場の進出ラッシュと生活水準の向上で、それは必ずしも通用しなくなってきている。巨大化した内陸市場を取り込むための生産拠点として、コストダウンが重要課題になる。