高度成長期が終わった中国。その中で、内陸の成長に期待が集まる。今後、中国発展の原動力になるのか。それを確かめるため、5都市を取材した。成長へのエネルギーが満ち溢れる一方意外な盲点も明らかになった。光と影が交錯する内陸の実態を伝える。

(宮澤 徹、上海支局 坂田 亮太郎)

高成長を続けてきた
中国内陸の都市
鄧小平の改革開放政策で沿岸部は先に発展を遂げたが、内陸は取り残された。経済格差を埋めるため、中国政府は2000年に内陸開発を重点的に進める「西部大開発」政策を打ち出した。2012年までに187件の重大プロジェクトが実行され、総投資額は3兆6800億元(約59兆円)。対象は6省(四川省、陝西省、甘粛省、青海省、雲南省、貴州省)、1直轄市(重慶市)、5自治区(内モンゴル自治区、寧夏回族自治区、新疆ウイグル自治区、広西チワン族自治区、チベット自治区)


1. 新疆ウイグル自治区 (自治区首府:ウルムチ) 漢族は4割。残りはイスラム系少数民族(写真:中国新聞社)
2. 甘粛省 (省都:蘭州)

3. 青海省 (省都:西寧)

4. チベット自治区 (自治区首府:ラサ)

5. 重慶市
中国第4の直轄市。高層ビルが立ち並ぶ(写真:中国新聞社)
6. 四川省 (省都:成都)
内陸の中心地。夕方などは渋滞が激しい(写真:町川 秀人)
7. 貴州省 (省都:貴陽)

8. 雲南省(省都:昆明)
少数民族多く、ベトナムやミャンマーと隣接(写真:中国新聞社)
9. 広西チワン族自治区 (自治区首府:南寧)

10. 内モンゴル自治区 (自治区首府:フフホト)

11. 寧夏回族自治区 (自治区首府:銀川)

12. 陝西省 (省都:西安)

CONTENTS

中国内陸の光と影

工場進出ラッシュ
給与高騰、上海に迫る

3つの潜在力とリスク
それでも内陸の理由



日経ビジネス2013年7月1日号 44~45ページより目次