1月27日に実施されたFP技能検定で、試験問題が漏洩する事故が発生した。試験を監督する金融財政事情研究会の担当者の不手際が直接の原因。だが、責任を取り退任した前理事長は、背後にある根本的な問題点を指摘する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2797文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2013年7月1日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。