1月27日に実施されたFP技能検定で、試験問題が漏洩する事故が発生した。試験を監督する金融財政事情研究会の担当者の不手際が直接の原因。だが、責任を取り退任した前理事長は、背後にある根本的な問題点を指摘する。