企業の人材育成が困難になる中、働く人たちは自ら学習機会を作り出すことが求められる。いわばキャリアの複線化は、「夢」でも「あこがれ」でもなく、「現実」を見据えた選択肢だ。前回に続いて藤原和博氏と中原淳氏が対談。社外で学ぶ「越境学習」の意義を論じ合う。