「超電導送電」の要となる送電ケーブルの技術開発がほぼ完了した。送電時の電力損失は激減。5年以内にも商用レベルでの稼働が始まる。省エネの決め手となる技術で、国境を越えた長距離の電力融通にも生かせる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3460文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題