メタボ気味のお腹が気になって、ご飯はお茶碗1杯と決めていますが、どうしてもお代わりがしたくなる時があります。その際、思わず口にするのが、「カロリーハーフ米があれば、2杯食べられるのに」というぼやき。