本格的な構造改革を怠り、衰退が止まらない日本農業の象徴であるコメ。TPP参加の有無にかかわらず、守り一辺倒の先に未来はない。稲作も含め成長産業として再生するには、規制緩和などの政策や農協改革が急務だ。