TPP参加の有無に関係なく、日本の農業総産出額は減少を続けている。衰退の象徴であるコメでは、農家の兼業率が高く、高齢化も急速に進む。政府は農水産物の輸出倍増を狙うが、現状の競争力では実現は遠い。