TPP参加の有無に関係なく、日本の農業総産出額は減少を続けている。衰退の象徴であるコメでは、農家の兼業率が高く、高齢化も急速に進む。政府は農水産物の輸出倍増を狙うが、現状の競争力では実現は遠い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1191文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 農協支配の終焉」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。