村上春樹氏の新作『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』では、主人公が16年ぶりに旧友を訪れる場面があります。場所はフィンランドです。主人公は車で郊外に向かい、村上氏はその過程をこう描写しました。