金融市場で乱高下が続き、日経平均株価は一時、「異次元緩和」前の水準を割り込んだ。新興国経済の先行きに対する警戒感から、円高圧力が企業収益に影を落とす。安倍政権の政策に対する不安感も強まり始め、市場は「内憂外患」に直面している。