三井造船との統合を巡り前社長ら3人を解職した川崎重工業。新社長は「役員の総意」と正当化するも、透明性に欠ける。事業部門の壁の高さが、株主不在の異例の解任劇を招いた。