人口減とグローバル化の進展によって、日本企業は今後より熾烈な競争にさらされる。それでも生き残るには、商品やブランドの熱烈なファンを増やすしかない。その最初の一歩は、八方美人型の商品・サービス作りをやめることからだ。