地面に水煙が立つほどの激しい雷雨に見舞われて開始時間がずれ込んだが、立ち去る人は多くなかった。香港島にある維多利亜公園(ビクトリアパーク)に黒いシャツを着て集まった人たちは、手に手に抱えたロウソクの火が消えないように傘や手で雨風から守り続けた。