様々なリスクを内包しながら加速する日本社会の監視化。人々が安全な社会を望む限り、その流れは今後も続く。社員も企業も「監視社会を生きる術」を身につけるしかない。