経済産業省はこのほど国内工場の設備稼働年数(ビンテージ)を調査した。プレス機械や工作機械などで設置20年を超す古い機械が3割を占める結果に。「マザー工場」を誇るには心もとない現実に企業はどう向き合うのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2269文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2013年6月17日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。