経済産業省はこのほど国内工場の設備稼働年数(ビンテージ)を調査した。プレス機械や工作機械などで設置20年を超す古い機械が3割を占める結果に。「マザー工場」を誇るには心もとない現実に企業はどう向き合うのか。