6月に入り金融相場の不安定さが増し、円は一時1ドル=94円台まで反転した。アベノミクス以降、海外マネーの流入してきた造船業界にも動揺が走る。円安頼みにとどまらない競争力の強化がカギを握る。