KDDIがiPhoneのLTEカバー率について、重い口を開いた。開示された数値は、ライバルに後れを取るものだった。責任の所在を巡って、社内の対立を懸念する声もある。