ネスレとキーコーヒーが喫茶店の新業態開発に注力し始めた。空きスペースなどを活用した超小型店で新規参入を促進。大手チェーンやファストフードなどに“小回り”で対抗する。