1人当たり国民総所得を10年で150万円増は実現可能か。カギとなるのが、民間の設備投資の増加だ。設備投資増を原動力としてGDPが大きく成長するかに注目だ。