参院選が迫る中、候補者たちが雪崩を打ってネット活用に動き出した。IT化で出遅れてきた政治の世界。付け焼き刃の対応は情報発信の質に不安を残す。新市場への期待を高める事業者たちも、前のめりで「初陣」に備える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3274文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 周回遅れのネット選挙」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。