タイトルに「38歳からの」という接頭語をつけたのはなぜですか。相続と言うと、どうしてもお年寄りの話と思われます。50代、60代どころか、70代や80代を想定しがちです。しかし、実は違います。大変な思いをする当事者は、亡くなる人ではなく、相続を受ける人です。