会社の寿命が長い頃ならともかく、今や超優良と言われていた大手電機メーカーでも希望退職を募る時代。同じ会社に一生勤める可能性は年々低下していると言えるでしょう。だとすれば「家は一生に一度の買い物」という考えも捨てるべきかもしれません。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り651文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。