会社の寿命が長い頃ならともかく、今や超優良と言われていた大手電機メーカーでも希望退職を募る時代。同じ会社に一生勤める可能性は年々低下していると言えるでしょう。だとすれば「家は一生に一度の買い物」という考えも捨てるべきかもしれません。