ここは企業側の裁量の余地が大きく、「2008年までのミニバブルでは投資家に不利になる条件設定が横行した」(REITアナリストの関大介氏)。これは利益相反問題と呼ばれる。